アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

いくら子供といえども疲れる!アスペルガーの息子と気楽に付き合う方法

      2017/10/24

アスペルガーの息子がいるので疲れるという母親は、今でも多く存在している状況です。

ただ、息子が年齢的に若いのであれば、家族、友人、施設の支えを受けて、アスペルガーの問題を解決できることもあるので、1人の問題と受け止めないほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

自室で長く遊ばせない

子どもが、親とのコミュニケーションを拒むケースでは、ゲーム、もしくは自室で行える遊びを見つけてからが多いと言われています。

また、このような状況を放置されているようでは、アスペルガーの息子がいるので疲れるという状況は改善しません。

 

というのも、子どもにとって自室は自分だけの世界だからです。

自室にいれば安全、そして誰にも非難されずに済むという考えを持ってしまい、アスペルガーとしての生活を余儀なくされる子どもまでいます。

また、このような状況に陥ってしまいそうな場合は、なるべく家族で一緒にいる時間を増やすと良いです。

例えば、テレビ番組を一緒に見るというのも効果的です。

 

近年では、子どももインターネットだけでなく、テレビに関心を示すことが増えてきました。

昔に比べて、世間は慌ただしく変化しているだけでなく、1日中なにかしらのニュースが流れているからです。

このようなテレビ番組だけでなく、お笑い番組、クイズ番組を見るのも良いでしょう。

 

テレビというのは多くの人がハマってしまうような要素を含んでいますし、子どもの場合は、テンションを上げて見たとしても違和感のないものなので、ついつい素の自分が出てしまうこともあります。

このような何気ない動作こそ、親と子が触れ合っていることを意味するもので、また、人に対して気を許してしまう瞬間でもあるのです。

アスペルガーの息子がいるので疲れるという考えよりも、どうすれば子供目線を理解して、家の中にいる子どもと良い関係を築き上げられるのか、そのことを理解して付き合うようにしましょう。

スポンサーリンク

感化されやすいことを理解する

アスペルガーの息子との付き合い、対処法としてテレビ番組が良いという案内をしました。

ですが、アスペルガーの息子に対して暴力的、もしくは大人向けの内容で構成されている番組を見せないほうが、お互いに良い関係を築き上げられることを知っておきましょう。

子どもは小学生、もしくは中学生の間は世間の影響を受けやすいです。

 

高校生くらいになると自律心、責任感を学べるようになるのですが、若い時はどうしても新しいものに触れたり、感化されたいという気持ちを持っています。

なので、長時間のテレビ番組は良くありませんし、夜遅くまで起きてテレビ番組を一緒に見るのも良くありません。

 

内容として、子どもに相応しいものであるかどうか、大人である親がしっかりと理解していなければ、子どもにとって嫌な内容の番組を見せてしまうことが多くなり、かえって人間関係がギクシャクしてしまうこともあります。

 

親子でカウンセリングを受ける

アスペルガーの息子がいる家庭では、家族そのものがなにかしらの精神病にかかっていることが多いです。

例えば、不眠症、長く続く便秘、下痢、食欲不振に悩まされている場合、ストレスからこのような問題が発生しているかもしれません。

 

アスペルガーの息子がいると、どうしてもストレスの中心は息子だと決めつけてしまうこともあるでしょう。

ですが、実際は最近になって生活リズムを変えることが多くなってしまった、もしくは、色々な問題を息子のせいだと結びつけているせいで、精神がかなりナーバスな状態になっている可能性も考えられます。

 

このような問題を抱えている時ほど、友人、もしくは病院で正しい処方などを学んだほうが賢明でしょう。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの子供 , , , ,

  関連記事