アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

アスペルガーをもつ兄弟は仲が悪くなったり、悪影響を与える場合が多い

      2018/03/20

アスペルガーの影響を受けている兄弟の話をまとめています。

また、アスペルガーの影響を受けている場合、喧嘩することが多いため、今回は、なぜ喧嘩してしまうのか、喧嘩に発展してしまう要因はどこにあるのかといった、具体的な対処法も案内させていただきます。

スポンサーリンク

喧嘩が多くなる

アスペルガーの影響を受けている兄弟というのは、一般的な家族と大きな違いもなく生活できていることが多いです。

ですが、インターネット上では、アスペルガーの影響を受けている兄弟のため、喧嘩が良く発生するといった、喧嘩に関する情報を多く見つけることが多いため、喧嘩することが多くなる問題と扱われることが多くあります。

 

また、どうしてこのような問題が起きてしまうのかというと、それは、喧嘩でしか自分の言いたいことを伝えられない関係が影響しています。

つまり、アスペルガーとして生活されている人、そして、健常者として生活されているという関係であっても、アスペルガーにとって生活することが困難な場合は、喧嘩が発生するリスクを負ったままの生活になりやすいのです。

 

例えば、片方が大きな音を立てるなど、音に関するトラブルは現代になって増加傾向にあります。

なので、アスペルガーの問題を抱えている家族がいる、いないに関係なく、騒音トラブルを起こしていると、いつかは大きな問題に発展すると理解したほうが良いでしょう。

 

前述の兄弟喧嘩に関しても、お金の貸し借りといった関係がこじれるケースは少なく、すれ違いの繰り返しで付き合いを拒否することが多くなり、最後は喧嘩という形で意見交換を行うことが多くなるのです。

つまり、アスペルガーの影響を受けている兄弟であっても、相手に対して気遣いができるようであれば、兄弟喧嘩に発展するリスクを低減することは可能なのです。

 

喧嘩しない関係を作る方法

アスペルガーでなくても、喧嘩をしやすい人は、誰とでも喧嘩しやすくなるというデータも存在します。

これは、精神が環境の変化に対して影響を受けやすいためです。

 

今まで、あまり人と付き合う必要が無い生活を送ってきた人の場合、アスペルガーのように、自分の考えを変えられなくなってしまう人もいます。

すると、ある種のストレスに対して過敏に反応するようになるのです。

 

例えば、家族、もしくは集団で一緒に食事を取らないといけない場合は、しっかりと家族で食事を行うようにしましょう。

喧嘩をしやすい人は、若い時ほどその問題が顕著化しやすいので、早い段階で家族、集団の礼儀を教えていると、トラブルを避ける方法として、あまり変な行動を取らないほうが良いと学びます。

スポンサーリンク

上下関係が存在するほど嫌悪感が強まる

アスペルガーの影響を受けている兄弟が、良く兄弟喧嘩をしてしまうという場合ですが、兄、弟という考え方を改めたほうが良いでしょう。

例えば、長男は次男より偉いと定まっているわけではありません。

 

しかし国内では、今でも兄は弟より偉いという考えが残っており、その影響で、自分の存在を踏みにじられていると考える人もおられるのです。

アスペルガーは、健常者と比較して繊細な部分が多いので、あまり目に見えるような形で兄、弟のどちらかを褒めすぎるのは良くありません。

また、これは生活環境にも言えることで、部屋の広さが兄、弟で違っているというケースにも注意したほうが良いです。

 

他にも、兄のお願いを良く聞くのに、弟のお願いはあまり聞かないというのも良くありません。

このような態度を取ってしまうと、家族全体が自分の敵になっていると考えるようになり、コミュニケーションそのものが難しくなることもあります。

 

また、突き放すような言葉を使うのもやめましょう。

相談に乗って欲しそうな場合は、気を利かせて話を聞いてあげることで、信頼関係が改善することもあります。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの子供 , , , ,

  関連記事