アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

1歳~6歳の幼児にみられるアスペルガーの特徴チェックリスト

      2018/08/28

幼児に見られるアスペルガーの特徴を、チェックリストの形式でまとめさせていただきました。

また、チェックリストの種類を2種類用意したので、具体的な問題点を探すために、チェックリストを活用することも可能になっています。

スポンサーリンク

アスペルガーを判断するためのチェックリスト

以下の項目を確認して、もし、チェックリストに対して5個以上の該当が見られる場合、要注意と判断したほうが良いでしょう。

 

・小走りが目立つだけでなく、つま先立ちを良く行う

・意味もなく、その場でくるくると回ることが多い

・意味もなく、その場でぴょんぴょんと飛び跳ねることが多い

 

・気になるものを長時間見つめてしまう

・キラキラしているものを見る時、目を細めてしまう癖が目立つ

・同じ動作を繰り返すことが多く、手を顔の前でくるくると良く動かす

 

・同じ姿勢を保つことが困難で、且つ、泣き出してしまうことが多い

・不安になると、いきなり動きがぎこちなくなる

・走る際の姿勢が不安定、もしくは、走り出した際に転倒することが多い

 

・汚れている床でも寝転んでしまうことが多く、ソファーなどをあまり使用しない

・非常階段、エスカレーターといった空間を嫌がる

・人の真似をすることが多いが、上手く真似することができないことが多い

 

・キャッチボールが上手くならない

・コップを使用する際に、内容物が良くこぼれてしまう

・注意しても話をしっかりと聞かない

・同じ失敗を繰り返すが責められても反省しない

スポンサーリンク

コミュニケーションのチェックリスト

以下の項目を確認して、もし、チェックリストに対して5個以上の該当が見られる場合、コミュニケーションに難があると判断したほうが良いでしょう。

 

・別れ際のバイバイ(ジェスチャー)を上手く行えない

・自分の手で物を触ることを嫌がる、且つ、他の人の手を取って取ることがある

・欲しいものの名前を言葉で言わない、指差すことのほうが多い

 

・表情の変化が乏しく、辛そうな表情が中々変わらない

・年上とのコミュニケーションを嫌がることが多い

・相手の表情を読み取れない

 

・特定の人物にべったりとくっつくことが多い

・人付き合いの距離感をつかむことが苦手

・空気を読めないため失言が目立つ

・状況に応じた声の大きさを理解できない

 

チェックリストからわかること

チェックリストは、あくまでもアスペルガーの可能性を判別するためのものです。

というのも、チェックリストのすべてに該当した幼児であっても、幼児に見られるアスペルガーの特徴が、長く続くと決まっているわけではないからです。

 

子どものうちは、恥ずかしさ、責任を理解できないため、アスペルガーとほぼ同じ行動を繰り返している幼児もいます。

善悪の区別が無いからこその行動なのですが、親から良く叱責される、もしくは、周りの子どもと成長が違っていることを認識すると、なにが良いのか、ダメなのかを理解できるようになるのです。

 

なので、幼児に見られるアスペルガーの特徴を、チェックリストを通じて判別された方は、家族だけの問題だと思わないほうが良いでしょう。

もし、問題が段々とエスカレートしてしまうようであれば、病院で診断を受けたほうが良いことも多いです。

子どもというのは、アスペルガーで無かったとしても、甘えられる内は徹底して甘えようとするものです。

 

このような行動を通じて、自分に優しい人物、そして優しさの必要性を学んでいきますので、他の子どもと違っているという理由だけで、差別的な言動、対応を取らないように注意しましょう。

子どもの場合、愛情があまり注がれないという事実は、自分の存在そのものの否定だと考えることもあります。

すると、社会に出る前から自閉症のような症状、うつのような症状に悩まされることが多くなってしまうので、優しい対応で、健全な精神を宿せるよう配慮したほうが賢明なのです。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの子供 , , , ,

  関連記事