アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

子供の才能をのばそう!アスペルガーの子供への接し方

      2016/08/01

アスペルガーの子供の接し方

boy-183306_960_720

アスペルガーの子供にはどのように接するのが良いのでしょうか?

アスペルガーは記憶力と知識力の豊富さから天才とも言われています。

つまり、接し方によっては子供を天才として育成可能なのです。

 

一般の人ではなしえないような大事業を将来成し遂げることになるかもしれません。

では、どのような接し方をしていけば、アスペルガーの子供が才能を開花させるようになるのでしょうか?

このサイトでは、アスペルガーの子供の将来を見据えた接し方を紹介します。

スポンサーリンク

予見しやすい環境

アスペルガーの子供は予見をすることが苦手です。

予見できないような事態に遭遇するとパニックになってしまうこともあります。

言葉でなくてメモを多用するのも良いでしょうし、一日のスケジュールをあらかじめ子供に伝えておくのも良いでしょう。

また、急にスケジュールを変更しなくてはいけない場合には、子供にはっきりとわかりやすく伝達することを心がけましょう。

 

ノイズ

アスペルガーの子供はノイズを嫌います。

一般の人が気にならないような周囲の音に対して嫌悪感を示してしまいます。

嫌悪感のなかではどんな人であっても、健全な生活を行うことができないので、アスペルガーの子供にはノイズの少ない静かな環境を用意してあげるといいでしょうね。

気持ちが落ち着くような、音楽や飲み物を用意してあげるのもお勧めです。

 

いじめ

アスペルガーの子供が学校生活の中で、いじめのターゲットになることが多いものです。

いじめられた体験というのは、心の傷になってしまって、健全な生育を妨げてしまいます。

担任の先生に相談する、さらには同級生の親御さんとのコミュニケーションによってアスペルガーの状態を理解してもらって、アスペルガーの子供がいじめに合わないような努力をしていきましょう!

 

ルール

アスペルガーの子供は暗黙のルールを理解できないことが多いものです。

世の中のルールははっきり文章化して、アスペルガーの子供には示すようにしましょう。

理解さえできれば、ルールを守ることを苦にすることはありません。

むしろ、真面目な性格であることが多いので、アスペルガーの子供は厳密にルールを守ろうとします。

スポンサーリンク

褒めて育てる

アスペルガーの子供はいつも心に不安を抱えています。

子育てにおいては、悪いところを叱るのではなく、よいところを褒めて伸ばすようにしましょう。

褒められれば自分に自信を持ってきますので、だんだんと積極的に物事に取り組むようになってくるでしょう。

心を外に向けるようにもなってきます。

 

こだわり

アスペルガーの子供は一般常識とはかけ離れたこだわりを持っている場合があります。

こだわりを矯正することはNGです。

周囲が工夫して、アスペルガーの子供のこだわりが世の中で役に立つように導いていきましょう。

逆転の発想が必要になってきます!

 

冷静な対応

アスペルガーの子供は周囲が驚くような謎の行動をすることがあります。

しかし、これに対して怒りの感情を子供にぶつけてはいけません。

冷静な対応が必要です。

 

アスペルガーの子供は大人をからかったり、挑発するような気持ちで謎の行動をしているわけではありません。

そのことを理解して、優しく諭すような対応がお勧めです。

気長に、謎の行動が改善されればいいという気持ちで接するようにしましょう!

 

自分を責めない

アスペルガーの子供にたいして、自分の性で子供がアスペルガーになってしまったと責めてしまう場合があります。

しかし、これは意味がないことです。

アスペルガーの原因は判ってはいません。

アスペルガーのことで悩む親の背中を子供に見せるのはアスペルガーの症状を悪化させてしまいます。

アスペルガーの子供の全部をうけとめて、子供の個性だと思って愛情を持って明るく接していくのが最良の方法です!


スポンサーリンク

 - アスペルガーの子供 , , , , , , , ,

  関連記事