アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

アスペルガーの僕の部屋はキレイです!片づけられないのに片づけられる方法

      2018/06/09

アスペルガーでもできる片付けのコツを案内しています。

片付けというと、なんだか時間がかかる、上手にできる気がしないという理由で、段々と片付けの能力が落ちていく人もいますが、今回は、そんな人でも習得できる片付けテクニックが満載です。

スポンサーリンク

大切と思う精神が大きな無駄を生む

物を大切と思う人は、心が豊かであると言われてきました。

このような精神は、日本人特有の良い精神ではあるのですが、人によっては精神の障害もあり、片付けそのものが行えなくなっている人もいます。

それはどんな人なのかというと、部屋を片付けると大事なものが無くなる、もしくは、後でまとめて片付ければ良いという考えを抱いてしまう人です。

 

部屋を片付けると、部屋はサッパリするだけなので、基本的に損失が発生するわけではありません。

ですが、人によってはどうしても部屋をキレイにしたくない、今の環境を変えたくないという考えを持っている人もいます。

 

このような人は、物を大切にするばかりで、具体的な問題点を理解、対処するのが苦手という精神状態が影響して、俗に言う汚部屋を生み出してしまう人までいるのです。

また、このような精神状態が影響しているのを理解しているが、肝心の片付けを行うことができないという場合は、清掃業者に頼んで片付けを行ってもらうと良いです。

 

個人として片付けを進めるのも悪くありませんが、途中で懐かしい品物、大事に取っておきたいものが見えてしまった瞬間、片付けを行うことの意義を忘れてしまうこともあります。

なので、頼むだけで清掃を確実に行ってくれる業者を利用するのです。

それと、後でまとめて片付ければ良いという判断は、それほど、大きな問題ではないと思っても問題ありません。

 

ただし、部分に対してこの考えを持つようにしましょう。

例えば、タンスの周りに溜まっている汚れ、物は今週末にキレイにすると計画しておきます。

 

後でまとめて片付ければ良いという発想は、片付けそのものを行っていない影響で、長く心にこびり付いてしまっているだけなので、ちょっとした弾みで、掃除、片付けそのものが楽しくなることも多いのです。

なので、自分はまとめてキレイにするのが苦手な人と理解し、部分的にキレイにする努力を繰り返すと効果的とされています。

スポンサーリンク

女性は片付けが上手いわけではない

アスペルガーの中には、女性という立場を意識し過ぎてしまい、そのような考えが影響して、かえって自分を苦しめている人もいます。

例えば、片付けができない自分は、女性の中でも劣等だという考えを持っている女性もいます。

 

ですが、データ上では10人に1人は汚部屋、もしくは汚部屋に近い部屋に苦しんでいる人がいるので、アスペルガーであることも理解し、自分を追い込まないようにしましょう。

男性の場合は、このような思考を早い段階で放棄するのですが、女性は性格が真面目というケースが多いため、かえって自分を追い込むことが多いのです。

 

機械の力に頼るのも賢い

清掃及び、片付けというのは機械の力に頼ったほうが、圧倒的に楽な状態で完了できることが多いです。

今では、清掃用の機械が多く販売されていますし、安いものでは2万円~4万円で買えるようになっていますので、物が溜まる問題は自分で解決し、汚れは機械に掃除させたいという場合は、機械を購入すると良いでしょう。

今では、清掃用の機械のほとんどがAIによる学習を行うようになっています。

 

しかも、電気スタンドに対してもAIの機能で戻る、待機することまで可能になっているのです。

そのため、ボタンを1度オンにしてしまえば、その後の苦労などは一切ないため、若者を中心として高い支持を得ているもの、今ではベストセラーになっているものも多く存在します。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの仕事 , , , ,

  関連記事