アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

アスペルガーの配偶者って辛すぎる!普通と違う夫の傷つく言動

      2018/06/28

アスペルガーの配偶者と一緒に暮らしている妻として、これだけは言っておきたいというものをまとめてあります。

言いたいことが沢山あるので、言いたいことに関しては箇条書きとなっていますが、他にも、傷つく言動などが沢山存在する状況となっています。

スポンサーリンク

良く発生する問題

アスペルガーの配偶者と一緒に暮らしている妻には、以下のような嫌な現実が存在します。

 

・命令口調が多い

・責任を放棄する

・責任を押し付ける

・記憶力に問題がある

・表情が少ない

 

命令口調というと、亭主関白であればおかしくはありませんが、アスペルガーの配偶者の場合、どう考えても理不尽だと感じる言動が多いのです。

例えば、完璧に家事をこなしている場合でも、小さなミスをどうにかして大きな問題のように思い込ませようとする、しかも、記憶力に問題があるためか、何度もそのことを指摘するようになりました。

 

他にも、自分の責任だけは認めないといった、子どものような対応が目立つという特徴もあります。

この時の注意点として、下手に反論すると、過去に起きた問題をネチネチと言い返されることがありますので、話は軽く聞き流す程度が好ましいでしょう。

真面目に相手すると、それがキッカケとなって日がつくことが多いため、最終的には、こちらの話を一切聞かない、今回の話以降も怒られたりすることが良くありました。

スポンサーリンク

進んでコミュニケーションを行わない

配偶者の行動を良く観察すると、アスペルガーの行動として有名なものも目立つことがわかりました。

 

・人付き合いが少ない

・外出が少ない

・うつのような感情が目立つ

・何事にも自信がない

・男性、女性の明確な線引きが下手

 

このことについて指摘すると、自分は関係ない、もしくは特定の人物が嫌いということを何度も言うようになります。

付き合ってくれる方々は、みな気持ちの良い方ばかりなので、このようなコミュニケーションの取り方の影響で、胸に痛みを感じることご良くありました。

 

また、精神的にうつのような問題を抱えていることもあり、気分の浮き沈みを捉えるのが難しいのです。

そのため、いきなり外出をやめることもあり、楽しい外出を期待していると、いきなり嫌な気持ちに引き戻されることもありました。

 

後、空気を読めないことが多いので、男性、女性に対する気遣いがハッキリとしていないことが多いです。

男性に対しては厳しく、女性に対しては優しくという人物、言動であれば良いのですが、男女ともに厳しくあたり、なにに対して怒りを覚えているのか、そのことがまったく周りに伝わらないのです。

 

想像力に難点がある

アスペルガーは集中力が高く、その代わりに記憶力、もしくは想像力に難があると言われています。

 

・感情があまり動かない

・いきなりテンションが上がる

・他の人と感覚が違う

・差別的な考え方が目立つ

・謎の興奮が多い

 

そのためか、アスペルガーの配偶者と一緒に暮らしている妻に対しても、あまり感情が動かないということもあります。

上記のように、いきなりテンションが上がるだけであれば良いです。

 

ですが、他の人と感覚が違っているので、特定の番組を見ている時は謎の興奮を覚えているためか、差別的な言動が目立つようになります。

また、近くにいる人物に対して、自分の考え方は間違っていないと、そのことを念押しすることも多くありました。

 

アスペルガーの配偶者と一緒に暮らしていると、このような言動に悩まされることが良くあり、肉体的な疲れではなく、気苦労が多いことを先に学んでおいたほうが良いでしょう。

ただ、生活そのものが上手くいっている時は、それほど健常者と違いがありませんので、アスペルガーは常に興奮気味、命令口調というわけでもありません。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの仕事 , , , ,

  関連記事