アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

アスペルガーの僕が一人暮らしして大変だった3つのこと

      2018/01/20

アスペルガーの一人暮らしで発生する、トラブルをまとめて案内しています。

案内の中では、自分が体験したことのあるトラブルだけでなく、今では、大きな問題になっている問題もピックアップする形で、トラブルの厄介さを伝えさせていただきました。

スポンサーリンク

騒音トラブルで苦労した

騒音トラブルというと、アスペルガーだけでなく、アスペルガー以外の方も苦労されている人が多くおられるでしょう。

ですが、アスペルガーの場合は想像以上に酷いトラブルになりやすいので、私の体験も含めて、具体的にどのようなトラブルに発展するのかを案内させていただきます。

まず、騒音トラブルといっても、特定の人物を狙って騒音トラブルを起こしている人がいるわけではありません。

 

ですが、アスペルガーの一人暮らしを続けていると、道路工事、隣人の騒音、道路を利用する人の会話などが気になって仕方がありません。

また、このような問題を抱えている時は、安易にアスペルガーだから、これらのことが気になると思わないほうが良いでしょう。

 

人によっては、栄養不足のため精神が不安定になっている人もいますし、酷いケースでは、なにかしらの障害にかかっているため、脳波が乱れているというケースもあるのです。

これらの問題を抱えている場合、我慢するというのは不可能だと思ったほうが良いです。

 

私の場合、不眠症をわずらっていることもあり、かなり精神が不安定になっていた時もありました。

ですが、病院で診断を受けてからは、不眠症の影響でノイローゼ気味だったこともわかり、また、睡眠に関する治療を受けられたため、段々と正常な思考を行えるようになりました。

 

このように、アスペルガーの一人暮らしというだけで、自分を追い込む必要はないのです。

しかし、アスペルガーとして一人暮らしを続けていると、寂しさ、悲しさを感じることが多くなっていき、その影響で、誰でも良いから自分のことを見て欲しい、かまって欲しいという気持ちが発生するのも事実です。

スポンサーリンク

ちょっとしたことが面倒臭い

アスペルガーの一人暮らしで苦労したことの中には、光熱費に関する契約、ゴミ捨ての対処などが存在します。

普通の人であれば、これらの苦労は一人暮らしを行う上では、必ず発生すると判断できるものです。

 

しかし、アスペルガーの場合はどのようにすれば、簡単にこれらの作業を終えられるのかと考えるようになり、不毛だとわかっていても同じ思考を繰り返すことがあるのです。

ただ、このような思考に陥っていると、かえってストレスが溜まりやすい状態での生活になるので、ちょっとしたことが面倒臭いは、実はリスクの多い思考なのだと認識しましょう。

このような問題を放置していると、なにもしたくないという無気力な状態に陥ってしまいますので、なるべく面倒臭いことは早めに終わらせたほうが賢明です。

 

いきなりの訪問にドキドキしてしまう

アスペルガーは、人付き合いが困難、もしくは肉体、精神に大きな悪影響を及ぼすことがあります。
なので、いきなりの訪問を受けてしまった際は、なるべく外に出ないようにしたほうが良いです。

例えば、営業のために挨拶回りを行っている業者が来た場合、商品に関するチラシ、もしくは商品そのものを見て欲しいと言われることもあります。

 

ですが、このような問題に遭遇した際は、予定が入っているので対応が難しいと伝えておきましょう。

人によっては、外に出てコミュニケーションを取ってしまうと、相手がわざわざ訪問してきたため、最後まで話を聞いたほうが良いのではと判断することもあります。

私も気が弱い人間なので、このような対応を取ったことがあるのですが、高い商品を買わされそうになる、無駄だと感じる会話が長く続くという、嫌なトラブルに遭遇したこともあります。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの仕事 , , , ,

  関連記事