アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

出世をするためのアスペルガーの上司への上手い接し方

      2016/08/05

アスペルガーの上司への接し方は?

working-1219889_960_720

アスペルガーの上司が職場にいる場合にはどのようにするのが良いのでしょうか?

職場において、上司を選ぶことができませんので、上司と賢く接して業務を遂行していかなくてはなりません!

このサイトではアスペルガーの上司への賢い接し方について紹介します。

スポンサーリンク

規則性

アスペルガーの方が上司にいる場合には、接し方を誤ってしまうと、毎日のように叱られてしまうかもしれません。

でも、アスペルガーの方は自分なりの規則を持っていて、それに従って生きているので、その規則性さえわかればそれに触れないように上司に接すれば叱られる回数は激減します。

 

アスペルガーの上司について、しばらくの間行動パターンを記録してみましょう!

何らかの規則性が出て来ますので、それにしたがって業務をするようにすると良いでしょう!

最初は戸惑うかもしれませんが、上司の規則に慣れてしまえばOKです。

上司から褒められる機会も増えてくる可能性もあります。

 

診断

アスペルガーの上司がいて、業務のために合わせようとすることに限界がある場合には、上司に診断を勧めるのが良いでしょう。

アスペルガーは病気なので、治療を行えば症状を回復させることができるかもしれません。

 

もしも、上司に診断を勧めるのが立場的に難しい時には、上司の上司に相談するのも良い方法です。

上司のアスペルガーが回復すれば全ての問題の解決になるので、会社としてはメリットが多いので、上司の上司も理解をしてくれるでしょう。

スポンサーリンク

仕事上の付き合い

アスペルガーの上司がいる場合には、業務での接触は仕事ですから仕方ありませんが、プライベートな付き合いは極力避けるようにすると良いでしょう。

どうしても我慢できないことは、上司であってもきちんと言葉で伝えるようにしましょう。

 

アスペルガーの考えている、規則やこだわりを普段の生活において押し付けられてしまうとかなりの精神的なストレスになります。

そこまでする必要は全くありませんし、もしも強要されたら、それはハラスメントの可能性も出てきます。

 

具体的に

アスペルガーの上司との会話では全ての内容を解りやすく具体的に説明するようにしましょう。

上司との会話では、冗談を言うのはやめましょう(冗談が通じなくて、上司の逆鱗に触れるかもしれません)。

 

例え話で説明するのもやめましょう。

上司は嫌な顔をするかもしれませんが、上司が伝えたい内容を十分に理解しているか確認するようにしましょう。

言葉での会話ですと、トラブルが頻発するようであれば、メールやメモなどで記録を残すようにすると良いでしょうね。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの仕事 , , , , , ,

  関連記事