アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

ちょっと怖い?普通の人と違うアスペルガーの目つきとは

   

アスペルガーを発症すると目つきが変わる

frog-927765_960_720

アスペルガーを発症すると目つきが変わると言われています。

目つきが心の鑑と言われていますが、アスペルガーを発症すると心が不安定になることが多いので、それが目つきになって現れてきます。

ここでは、アスペルガーを発症した時に生じる目つきの変化を紹介します。

スポンサーリンク

目を合わさない

アスペルガーを発症すると人と目を合わさなくなります。

コミュニケーション能力の低下が人間関係を希薄にします。

それの結果、人に対して臆病になってしまい、目つきが変わってしまいます。

 

二人で会話をしていてもアスペルガーの場合には目を合わそうとしません。

常にあらぬ方向を見ていることになります。

目つきが悪いイメージを周囲が持つようになります。

 

瞳を動かさない

アスペルガーになると、目を合わさないばかりでなく瞳を動かすことも無くなります。

これは、アスペルガーの人の場合には周囲に対しての興味がなくなることによるものだと言われています。

瞳を動かさないでいる表情は、人形を見ているようで、周囲は本人の目つきに異常性を感じるように成ります。

 

焦点を合わさない

アスペルガーの場合には、周囲に何の興味を持てないので、目の焦点も合わすことがありません。

いつもどこを見ているかわからない、うつろな表情になります。

何を考えているのかわからない目つきと周囲からは判断されます。

スポンサーリンク

睨みつける

アスペルガーの場合には自分の目つきを調整することが困難になってしまうので、

目を見て話してくださいと周囲から言われると、それを意識しすぎて相手を睨むような目つきになってしまうこともあります。

いつも睨みつけられるのは周囲に恐怖を与えてしまいます。

 

瞬きしない

アスペルガーの場合に、瞬きをしないという症状が出てくることもあります。

いつも目を明いた状態で、何かを見ているような目つきになるので、周囲には奇異な表情に映ります。

 

目力が無い

アスペルガーの場合には、目力が無くなります。

人間の持つ感情は目力となって現れるのですが、感情レベルがアスペルガーによって低下するので、目力が無くなります。

目力のない目つきは人間らしさがなくなるので、周囲には驚きます。

 

架空の物を見ている

アスペルガーになると、フラッシュバックによって、妄想を見てしまうことがあります。

実際にはないものをあるかの様に見てしまうので、周囲からみると、生気の感じられない不思議な目つきになります。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの特徴 , , , , , , ,

  関連記事