アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

チェックしてみよう!重度ではないアスペルガー軽度の症状

      2016/07/29

アスペルガーの軽度の症状とは

bulldog-601714_960_720

アスペルガーは重度になれば、自覚症状も出て来ますし、周囲もアスペルガーであることを認識できるようになりますが、

軽度の場合には気が付かないことが多いものです。

 

しかし、アスペルガーの治療の観点からは、軽度のうちに治療を開始するのがよい方法です。

このサイトでは軽度のアスペルガーの時に見られる症状を紹介します。

スポンサーリンク

空気を読むのが苦手

軽度のアスペルガーの場合に見られる症状に空気が読めないことがあります。

その場にそぐわない発言をしばしばしてしまいます。

例えば、明るい話題で盛り上がっている時に関係ない話をして、場を白けさせてしまったり、深刻な話題で対応を考えている時に、ノー天気な話題を提供して場を混乱させてしまいます。

 

察するのが苦手

軽度のアスペルガーになってしまうと察するのが苦手になります。

相手の気持ちを理解できないので、会話中に相手を怒らせてしまうことが多くなります。

相手の感情に共感したり、思いやることができないので、ロボットと会話をしているような感じになってしまい、人間らしい心の通った意思の疎通ができなくなります。

 

コミュニケーションが取れない

軽度のアスペルガーの場合に、コミュニケーション障害が出ることがあります。

コミュニケーションに必要なのは相手との言葉のキャッチボールなのですが、相手の言葉を正確にキャッチしてそれに呼応した応答ができないので、コミュニケーションが整理しなくなってしまいます。

 

更には、急な話題の変化に対応できないので、会話の集団の中で一人だけポツンとしてしまうこともあります。

アスペルガーの軽度の症状に無表情になることもあるので、それもコミュニケーションの妨げになってしまうことがあります。

 

社会活動が苦手

軽度のアスペルガーの特徴に社会活動が苦手ということがあります。

チームワークの必要な業務をすることが困難になります。

 

会社などでの複数の人数で企画していくプロジェクトで業務を十分に達成できなくなります。

相手のためにどうしたら良いのかということを想像できないために相手からの信頼を得ることができないので、社会活動には不向きな存在になってしまいます。

 

わがまま

軽度のアスペルガーを発症すると、わがままになってしまいます。

本人にとっては自分のペースで行動しているだけなのですが、相手のペースに合わせることができないので、周囲からはわがままな存在になってしまいます。

スポンサーリンク

感覚異常

軽度のアスペルガーを発症すると、感覚に異常が出てしまう場合があります。

例えば、小さな音に対しても敏感になってしまって、それを我慢することができない。

花の香りなど普通の人が喜ぶような臭いを受け付けなくなってしまいます。

 

動作が緩慢

軽度のアスペルガーの場合に、動作が緩慢になることがあります。

誰でもできるようなことをやるのも億劫になったりあるいは一般の人よりも多くの時間を要することになります。

 

視線

軽度なアスペルガーの特徴に視線の異常があります。

会話をしている時に相手に視線が合ってしない場合が多くなります。

 

また、普段でもどこを見ているかわからない視線になります。

自分に対する自信の無さが視線の異常を起こしていると考えられています。

 

真面目

軽度なアスペルガーの特徴に真面目さがあります。

どんなことに対しても、いつも真面目に取り組むことができます。

しかし、真面目さが行き過ぎて、周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

 

記憶力

軽度のアスペルガーの場合に見られる症状に記憶力があります。

膨大な量の暗記を簡単に達成してしまいます。

百科事典のページをそのまま写真のように記憶することが出来るようになります。

研究分野などで、偉大な発見を成し遂げることが可能になります。

一人でやる仕事では特に能力を発揮できます!


スポンサーリンク

 - アスペルガーの特徴 , , , , , , , , , ,

  関連記事