アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

アスペルガーはうつ病になりやすい?併発してしまう因果関係とは

      2017/05/20

アスペルガーと発達障害

精神障害と発達障害という2つの障害に関しては、多くの人で大きな誤解があります。

アスペルガーとは発達障害の一種で、「先天性」と日本では全人口の1%近くが、この障害を程度の違いはあっても存在していると言われています。

一方で精神障害とは、後天性であることが多いですね。

 

脳の中枢神経が何らかの未発達や、障害がみられるのが発達障害であり、精神障害は非常に議論が様々で、法整備もまだ追いついていないのが現状です。

うつ病は、その中では「気分障害」と言われる精神障害の一つです。

この病状は「気分的な心の病」と誤解されがちですが、うつ病単体では原因がはっきりしないことが多いのです。

 

しかしアスペルガーの場合は、対人関係でトラブルを抱えることが多いため、適応障害からうつ病へ移っていくことは非常に多いのです。

また、原因としては対人相互反応で、アスペルガーの人の無自覚と、対応した相手の無理解が合わさり、同じうつ病でも抗うつ剤の効果はあまり期待できません。

それにアスペルガーの障害の程度が、軽度か重度によっても対処が異なります。

スポンサーリンク

混同されやすい、うつ病と躁うつ病

ここで多くのアスペルガーの障害を持つ方に対して、大きな誤解を生みやすいのが、「躁うつ病」です。

双極性障害と正しくは言われている躁うつ病は、”うつ”の状態の時に心療内科などで受診し、”躁”の状態になって初めて双極性障害とわかります。

うつ病との違いは、うつ病は単体の気分障害ですが、双極性障害は昔で言えば「精神病」として診断され、投薬もうつ病単体とは処方薬が異なります。

 

ではアスペルガーの場合ではどうでしょうか?

アスペルガーはやや軽度の自閉症で、知的障害を抱えていない発達障害です。

そのため行動や言動は能動的で、時に非常に活発なのが自閉症との大きな違いになります。

 

アスペルガーの場合は、”一つの事柄に執着して、頭からずっと離れない”状態が、常にあるという事です。

合理性の無い順番や、普通の人が享受できる多様性に順応できません。これは軽度であっても同じ特徴を抱えています。

アスペルガーの活発な状態とは、仲間同士や社会性の中で自分を発揮する、そういった能動的なものではなく、自主的に過剰な周囲への反応を示すことです。
「とりあえず、今は考えないでも良い事」は、通常の障害のない人はそのことを忘れはしませんが、アスペルガーの人は、頭から常にこびりついて離れない特徴があるんですね。

うつ病の障害の特徴は、全てが否定的に考える思考にあります。気力が減退し「やる気が出ない」とか、不安や焦燥感に駆られます。

つまりアスペルガーの障害を持つ人は、自分の言動や行動で周囲に影響を与えていると、根本的に理解が出来ません。

 

それゆえに、場合によって人から避けられたり、責められたりするために、「孤独感」や「悲観的」な思考にこだわってしまうのです。

ある意味、象徴的な出来事などは記憶中で「ひとまず置いておく」という、脳の中でスルー出来ないわけですから、

これが常に悲観的ならうつ病のような絶望感や自虐的な思考に陥ってしまうのです。

 

こうして考えると、アスペルガーの人も、初期は通常の思考がどこかにあり、明るく前向きだったのが”躁”の様に見え、その行動と言動で悲観的になるのが”うつ”として、躁うつ病と似ているのかもしれませんね。

ただ精神障害と大きく異なるのは、根本原因がアスペルガーの持つ特有の対人関係である点です。

 

アスペルガーの障害が先天性のある発達障害である以上、うつ病の対処以前に、アスペルガーの対人関係のトラブルや障害に焦点を当てて対処する必要があります。

 

周囲に馴染めないアスペルガーが精神障害になる

日本でも国際的にも、アスペルガーの成人は非常に男性に多いのが目立っています。

これはやはり社会人となって、会社や事務所などの集団に帰属し、働きだしてから他人とトラブルになることが関係しています。

中でもアスペルガーの最も不得意なことが「共同作業」です。

 

一方で作家やプログラマー、あるいはイラストレーターなどの職業では、アスペルガーは非常に優秀なケースも多いです。

一つの事に存分に執着できる環境が、アスペルガーには精神的に楽という事です。

 

しかし、企業や会社や事務所などでは、大抵の場合、その作業は複数で構成されて、しかも中断や計画の延期もごく普通にあるでしょう。

ここに、「他人とのコミュニケーションと連携」が必要となります。

 

非常に苦手な他人とのコミュニケーションと合わせて、自分ではどうにも出来ないプラン変更や、こだわってやり続けた事を途中で放り出すなどは、アスペルガーにとっては苦痛です。

これが精神障害の原因、いずれはうつ病へとなっていく場合があるのです。

スポンサーリンク

精神障害とは?

ここで少し精神障害について説明します。精神病と昔言われていた精神障害の多くは、「心の病」と言われて来ました。

しかし近年では、カウンセリングや生活改善だけでは、うつ病も含めた精神障害の多くは、根本的な改善は望めなくなっています。

 

例えばアスペルガーの人は、非常に規則正しいリズミカルな生活を好む傾向があります。

朝はしっかり起きて、昼はキッチリ同じ時間に同じ店や、同じ食事をとることが多いのです。

しかし、時代が高度社会になるにつれて、残業や転職やそれに合わせた出張や転居は、人によって頻繁です。

 

そこに失業や無職、あるいは収入が不安定になると、同時に不安や焦燥感は増大します。うつ病のような精神障害はこうした中で起こりやすいのです。

アスペルガーが躁うつ病のような、双極性障害ではなく、うつ病になりやすいのは職場に馴染めず、また社員や従業員とのコミュニケーションでトラブルとなり、

転職や転居、あるいは離婚などが起こり得るため、そのタイミングが重なればうつ病になりやすいのです。

 

不運と言えばそうですが、今の社会は一度つまづき転んでしまっては、なかなか社会復帰しても、元の生活には戻せない事が多いのです。

深夜の仕事ばかりの人は、夜間での生活スタイルに慣れており、それをいきなり昼間の社会生活に戻すのは困難です。

 

しかし不可抗力で転職や転居をせざるを得ない場合、生活安定のために仕事を選べないことはよくあります。

社会生活の環境に馴染めないことは、多くはそれが常態化すれば、誰でもうつ病、睡眠障害などの精神障害になる可能性が高いのです。

そう考えれば、アスペルガーとうつ病は同時に併発しても不思議ではありません。むしろ”必然”と言えるのではないでしょうか?

 

うつ病を併発するのを防ぐためには?

精神障害も同様、アスペルガーのような発達障害も「その人の性格だ」とか、

「疲れているから」など、啓発的なアドバイスや生活改善で克服できると、非常に勘違いされています。

 

一番大切なのは、障害を持つ人自信の自覚と、周囲の人の理解です。特に他人がアスペルガーの障害に対して、理解を持つというのは非常に難しい課題です。

そこでやはり、「社会に馴染めない」、「やる気がしなくなった」などの無気力や倦怠感、長時間の惰眠、

あるいは不眠やそういった”症状”とも呼べる状態が1か月以上続き、社会的な活動に支障を生じたら、心療内科などを受診するのが今はベストな選択です。

アスペルガーの障害が軽度であるなら、うつ病用の投薬治療も効果が高い例もあります。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの特徴 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アスペルガーの孤立型は自分の道を極めよ!その特徴と生き方

アスペルガーの孤立型とは アスペルガー症候群には孤立型に分類されているものがあり …

ちょっと怖い?普通の人と違うアスペルガーの目つきとは

アスペルガーを発症すると目つきが変わる アスペルガーを発症すると目つきが変わると …

原因は1つじゃないかも。アスペルガーに関係の深い8つの二次障害

アスペルガーによって起こる二次障害 アスペルガーは、二次障害が現われる場合があり …

アスペルガーは天才の可能性を秘めている!その特異な才能とは?

アスペルガーは才能にあふれた天才集団 アスペルガーは周囲との人間関係でトラブルを …

アスペルガーの原因に迫る!原因はやはり遺伝的なものにある?

アスペルガーの原因は? アスペルガーの発症の原因はどこにあるのでしょうか? 実は …

アスペルガーはIQが高いって本当?アスペの僕は平均以下でした。

アスペルガーはIQが高い人が多いと言われています。 じっさいに、アスペルガーであ …

チェックしてみよう!重度ではないアスペルガー軽度の症状

アスペルガーの軽度の症状とは アスペルガーは重度になれば、自覚症状も出て来ますし …

サイコパスはアスペルガーであることが多い?事件の特長と深層に迫る

サイコパスはアスペルガーであることが多い? サイコパスという異常な犯罪を行う犯人 …

周囲からむかつく!と思われてしまうアスペルガーの行動集

アスペルガーだと周囲がむかつくことが多い? アスペルガーの場合、周囲がむかつくこ …

どっちのタイプ?アスペルガーの服装へのこだわり。あるいはまったく無頓着か

アスペルガーの服装のこだわり アスペルガーは服装へのこだわりがあるといわれていま …