アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

ロボットみたい?独特なアスペルガーの歩き方はなぜ起こるのか

      2017/06/04

アスペルガーの歩き方が変な理由

「アスペルガーの歩き方は、まるで機械的でロボットの様」とは、よく言われます。

しかし実際は機械的とは少し違いますね。どちらかと言えば、「常に緊張しながら、一歩一歩、確実に足を踏み出して歩いている。」といった感じです。

習慣となっているパターンの一つといえるかもしれません。特にそれが非常によくわかるのは、何かにつまづいて転ぼうとした時です。

 

その瞬間、バランスが非常に普通よりも悪くなるのが、見た目でもよくわかります。何か「歩こう」という意思に基づいて、歩いている感じです。

その感じが自然に見えないので、歩き方が「ロボットの様」と表現されるのでしょう。

これは、自閉症の方も似たような歩き方をすることがあります。

 

一種の”癖”に近いもので、アスペルガーの人は幼少期に自閉症の傾向が弱く、周囲がその発達障害に気が付かない場合が多いのです。

特に幼稚園や保育園では、シンプルな踊りや皆で単純に手を叩いたり、わかりやすい反復運動が多いですよね。

アスペルガーの人は、自分の「生理的に合うリズム」が独特で、周囲とは逆の方向で踊ったり、リズムがずれていても気が付いてないことがあります。

 

これは脳神経的な障害のせいでもあると言えるのですが、物事の雰囲気や流れを理解するのに、普通の人よりも遅延しがちなんですね。

普通は「先生を見ながら、真似る」という簡単なことでも、その行動を見て自分でイメージすることが苦手なんです。

上半身をまず「こうやる」と教え、次に下半身は「こうやる」と分けてあげると上手くいく場合もあります。

 

この「ルールを順序通りに覚えられない。」というのは、アスペルガーの一つの特徴です。

しかしながら習慣化した事は、固着性があるというか非常に正確に行うことが出来ます。

それでも、体を上下させながら、あるいは左右に体を揺らしながら一定の反復運動などは、習慣化して慣れた場合でも、最後まで残ってるので「癖」として身についていると言えます。

 

そのため、幼少期から行進というような、列に並んで歩くことは慣れているのですが、自由に気ままにぶらぶら歩くというような、ごく普通の歩行自体が、不自然になるのです。

幼少から、アスペルガーであると周囲も本人も、そうした対処をしている場合は、このような歩行は緩和されて自然に見える場合もあります。

そういう意味では「慣れ」なのか「癖」なのかは、実際にその人を教育した人でないと、ちょっと理解しずらいところがあるでしょう。

スポンサーリンク

アスペルガーの歩き方の特徴

「ゆらゆら動く」とかありますが、全身に力が入っている感じです。肩も上下して歩幅も大きく、早歩きなのも多いですね。

散歩でも自分の歩行リズムが先行し、一緒にいる人の前方を歩くことになるのが良くあります。

立ち止まるか、あるいは早歩きのどちらか2択しかない感じです。そして直線的に目的地に一目散にさっさと歩きます。

ウィンドウショッピングなどは、こうした「自分の習慣となった行進」という、幼少時代の集団生活の中でやっていた、訓練としての歩行しか慣れていないのです。

そして最大の特徴は、「常に同じルート以外を歩かない」という部分です。

 

学校から帰る時も、寄り道せずにとにかく直線的に、同じ道をたどって帰るような”癖”が身についているんですね。

アスペルガーは自閉症の分類に大別される、発達障害と言われています。

ただ、その概念がまだはっきりしておらず、診断でも強迫神経症などと誤診されることも多いです。

 

認知、言語やコミュニケーションなどの障害の定義も、国際的には2つに分類され、一方では自閉症、もう一方ではアスペルガーとして分類されることもあります。

国際的な分類では、「DSM-IVやICD-10」などと定義されていますね。

 

問題は、この国際定義とアスペルガーを「発達障害」としたイギリスのローナ・ウィングの提唱する認知、言語やコミュニケーションに加えて、独特の行動も合わさって表面化しているかどうかです。

従って、全てのアスペルガーの歩行が、「まるでロボットの様」とは限りません。しかし共通するのは”不自然さ”がはっきりしていることです。

 

散歩にも特徴がある

まずアスペルガーの人の歩き方は、大別して「癖」と「習慣」に分かれると言えます。

とは、”ずんずん歩き”のような、体を揺らしながらの一種の反復運動をする歩き方です。

これは自閉症にも見られるロッキングという、体を前後したり上下動をさせる歩き方です。

 

普通の目的地が無い散歩や、どこかの店に行くなど目的がある場合でも同じ動きをする場合は、アスペルガーの持つ障害の「癖」になります。

これは緊張に対しての過剰反応で、動作を繰り返す癖で、緊張を緩和させようといった感じになります。

一方で習慣とは、歩き方で「一定のルールを持つ」という事です。

 

例えばアスペルガーの場合、普通の人なら疲れたらエレベータを使うとか、エスカレーターなどを利用しますよね。

アスペルガーの場合は、一度階段と決めたら、行動は必ずどのような場合も同じになります。

この点が人から見ると「何かのこだわりを持っている」と思われる点です。実はこれも、「エレベーターに乗る」という行動は、

エレベーターが今どこにいるかを確認し、上下ボタンを選択し、ドアが開いたら”人が降りてから乗る”などの順序があります。

 

アスペルガーの人が、最も苦手とする状況判断がここにあります。

普通の散歩でも、「同じ道を同じ方向で、同じ角を曲がる」という習慣さえあれば、アスペルガーの人も歩行は、自分らしい歩き方で行くことが出来ます。

しかし、普通の人の生活は、途中で新しい店を見つけたり、ウィンドウに気を取られることは普通です。

 

こうした「反復ではない行動」に対して、アスペルガーは身構えなくてはなりません。

急な転回、あるいは立ち止まったり、速度が変わる歩き方には「習慣」が無ければ対処できないのです。

スポンサーリンク

どんなことでも”慣れ”が必要

まずアスペルガーの歩き方は、この癖と習慣という、2つの視点で考えると一緒に歩く人が適切に対処すれば、ある程度直していくことが出来ます。

それには、まず「癖」としてある、反復運動、体の動かし方や姿勢は、最初に直せるものではありません。

 

これはアスペルガーを障害として見た場合、緊張や周辺環境に対しての本人の「反応」だからです。

そこで歩き方自体を「習慣化」させます。これはまず歩き方を正しくしようとするのではなく、「ルールを作ってしまう」という事です。

 

道順やルートなどは、範囲を狭く、その中をぐるぐると回るだけとして始め、必ず1対1のペアでアスペルガーの人の歩き方のペースに合わせます。

それから道順に慣れたら、歩行スピードを一緒に歩く人に合わせてもらうのです。慣れた道であるなら、アスペルガーの人は緊張は弱まります。

こうやって、「道を歩く」という範囲を広くしていけば良いわけです。

 

小さい子供の動きから学ぶ方法

アスペルガーの人は、成人でも幼少期と同じ素養を持つ人が多いです。

「繰り返すこと」や「同じことを何度でも」というのは、小さい子供の典型的な行動です。

普通の子供の場合でも、道路の急な横断や、信号機を守るというのは、皆、義務教育で学ぶはずです。

 

そういった行動が交通安全に繋がるとか、自分の命を守れるというのは、後々になってからわかることです。

そのために、まず「大人を真似る」ことが幼少期の子供には必要でしょう。

アスペルガーの成人も同じで、行動が悪い良いの判断ではなく、「ルールに合わせる」という習慣が必要なんですね。

 

道を安全に歩けるには、交通ルールを守ると一応大丈夫だと思えるのと同じです。

その中であれば「自由に動いても問題が無い」と、子供は習慣として覚えて行きます。

アスペルガーの歩き方は、それが異常なのではなく障害があるがゆえに、慣れて何でも「習慣」に出来ないということから妙な歩き方になるんです。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの特徴 , , , , , , ,

  関連記事

アスペルガーと自閉症の違いって?それは知能・言語の発達にあった

アスペルガーと自閉症の差について アメリカの精神医学会の分類によると、自閉症とア …

簡単に5分でできる!大人のためのアスペルガー診断テスト

大人のアスペルガーの診断法 大人になってようやく、自分はアスペルガー症候群なので …

ちょっと怖い?普通の人と違うアスペルガーの目つきとは

アスペルガーを発症すると目つきが変わる アスペルガーを発症すると目つきが変わると …

アスペルガー夫の離婚率が高い!妻に愛想をつかされる7つの言動

言動1:自分の夫でなければ面白い人 アスペルガー症候群とは、他の障害として自閉症 …

アスペルガーは後天的におこりえる?可能性についてを検証

今では後天的なアスペルガーが増えています。 また、先天的なアスペルガーは多いとさ …

アスペルガーの孤立型は自分の道を極めよ!その特徴と生き方

アスペルガーの孤立型とは アスペルガー症候群には孤立型に分類されているものがあり …

アスペルガーが好きなものの傾向。食事、趣味、恋愛について

アスペルガーの傾向について、食事、趣味、恋愛に絞って案内しています。 これからア …

アスペルガーには天才がいっぱい!過去の偉人たちはみんなアスペだった!?

アスペルガーと言われている天才たち アスペルガーは脳の病気で発症してしまうと完治 …

心の成長が遅いアスペルガーの精神年齢は実年齢の7割と考える

アスペルガーの精神年齢ですが、実年齢の7割ほどが妥当という意見が多いです。 実際 …

原因は1つじゃないかも。アスペルガーに関係の深い8つの二次障害

アスペルガーによって起こる二次障害 アスペルガーは、二次障害が現われる場合があり …