アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

アスペルガーはイライラすることが多い。その原因と対処法

      2018/02/09

アスペルガーはイライラすることが多いとされています。

なので、今回は物理的な問題、精神的な問題をクローズアップする形で、どうして、アスペルガーはイライラすることが多いのかを明らかにし、また、対処法についても明らかにさせていただきました。

スポンサーリンク

聴覚が過敏になる

アスペルガーはイライラすることが多い原因ですが、聴覚が過敏になることが多いからです。

常に過敏になっているわけではありません。

人として、健常者と違った生活を送っている人の中には、アスペルガーのように、なにかしらの過敏な反応に困っている人が多くいます。

 

しかし、アスペルガーのように健常者と違った生活を送っていると、段々と、自分の行い、反応は正しいという考えをやめられなくなってしまうのです。

ですが、聴覚が過敏になることが多いという場合は、もしかすると、脳そのものに異常があるかもしれません。

 

なので、個人で問題を解決できるという考えを捨てて、病院で正しい診断を受けたほうが良いでしょう。

聴覚が過敏になると、次に中途覚醒と呼ばれている、睡眠中にいきなり覚醒めてしまう問題が頻発するようになります。

本来であれば体調不良と判断できるのですが、実際にアスペルガーとして生活していると、アスペルガーはイライラすることが多いため、なにかに対して責任を押し付けようとしてしまうのです。

 

自分以外の相手に対して責任を押し付ける、もしくは暴言を吐いてしまうことが多くなるので、アスペルガーのイライラは危険であると思ったほうが良いでしょう。

私も、アスペルガーに何度も苦しめられたことがあり、アスペルガーとして避難されたこと、もしくは、孤独感を感じることが良くありました。

精神的にボロボロになりやすいので、このようなストレスを放置するような行為は避けたほうが賢明です。

スポンサーリンク

寂しさを良く感じるようになる

すでに案内していますが、アスペルガーはイライラしやすい、もしくは孤独感であり、寂しさを良く感じることがあります。

これは、本人が寂しいと本当に思っているケース、もしくは、脳の異常により正常に思考できなくなり、起きてしまうケースがあるので注意してください。

 

本人が寂しいと思っている場合は、その寂しいという思いが段々と薄れていくことが多いです。

しかし、脳に異常がある場合は、ものごとに固執するようになり、判断力も低下することが多いので注意しましょう。

 

なぜこのような症状が起きてしまうのかというと、アスペルガーは情緒不安定な生活を送っているからです。

睡眠障害の影響で判断力が低下することもありますし、また、あまり外に出ない生活により考え方が閉塞的になることもあるので、できる限り、人付き合いは減らさないほうが良いでしょう。

 

子どもっぽさが影響することもある

アスペルガーはイライラすることが多いのですが、本人だけの問題で発生すると限られているわけではありません。

というのも、アスペルガーと依存症はかなり似ているからです。

 

例えば、毎日1人で生活していることが多く、集団生活を学んでこなかった場合は、周りと差別されていると感じるようになり、そのことに憤りを覚えることもあるのです。

他にも、家族など誰かに助けてもらう生活が続いている場合も、イライラが発生しやすくなるので注意してください。

 

例えば、アスペルガーは病人と同じものと判断して、家事などを誰かに任せるという行為が該当します。

女性の場合、このような症状が出やすいとされているのですが、人間は手足を動かすことで一定量のストレスを発散できています。

そのため、いきなり生活態度がガラッと変わるようであれば、このような変化が引き金となって、特殊なストレスを感じることが増えていくのです。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの特徴 , , , ,

  関連記事