アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

最新の研究で分かったアスペルガーの脳の構造・脳派について

      2018/06/20

アスペルガーの脳の構造をわかりやすくまとめています。

アスペルガーとして生活していると、物事をどのように理解しているのか、また、過敏な反応を見せてしまう理由はなぜなのかといった、反応に関する疑問の解説も含んでいます。

スポンサーリンク

音に対して敏感

アスペルガーの脳の構造ですが、普通の人と比較すると、聴覚が過敏になりやすいという特徴があります。

これは、なにも集音に関する性能が高いという意味ではありません。

 

私もアスペルガーとして生活しているのですが、耳そのものが難聴というわけではなく、病院で診てもらっても大きな問題が見つかりませんでした。

ただ、感覚的には遠くの音を近くで聴いているような、不思議な感覚に陥るのです。

なぜ、このような問題が起きてしまうのかというと、それは、アスペルガーはあらゆる体験を細かく記録するからです。

 

例えば、自分にとって耳障りだと思う音は、中々無視することができません。

これが、普通の人に良く見られる耳の問題です。

しかし、アスペルガーの場合は日常の音であっても、長く耳に残ったままということが多いのです。

 

これは、雑音をシャットアウトすることが困難なため、発生する問題とされています。

発達の際に、なにかしらの障害を負ってしまったのか、もしかすると、物事に対して思いつめることが多い性分なので、物事を細かく記録しているのかもしれません。

このように、アスペルガーといっても、人によって障害のレベル、そして感じ取り方はずいぶんと変わってくるのです。

スポンサーリンク

視力に癖がある

アスペルガーの脳の構造を学んでいくと、耳だけでなく、目にも癖があることを学べます。

例えば、アーレンシンドロームのように、色眼鏡をかけて物を判別するのは簡単という場合、色眼鏡を外している状態では識別が難しくなることもあるのです。

このような問題は、アスペルガー以外ではあまり確認されていない問題でもあります。

 

他にも、視力が悪いわけではないのに、普通の人と比較して文字がぼやけて見える、もしくは、ぶれているものが停止して見えることがあるといった、特殊な感覚を持ち合わせて生活されている方もいます。

アスペルガーというと、コミュニケーション能力が低い、もしくは自己中心的な人物と言われることが多いです。

ですが、アスペルガーを良く調べてみると、多様な問題を抱えていることが多い人物であることがわかり、また、これらの問題を自覚していない人が多いこともわかります。

 

脳の発達で違いが生じやすい

アスペルガーは普通の人と比較して、1つのことに固執することが多いと言われています。

このような行動を取ってしまう理由ですが、シナプスに問題があるためだと言われるようになってきました。

 

シナプスというのは、生後8ヶ月で急速な発達を見せるようになります。

これは、普通の人、アスペルガーであってもほとんど同じとされており、生まれつき極端な差があるケースは少ないです。

 

では、どうしてアスペルガーは、日常を普通の人と同じように過ごせないのかというと、それは刈り込みと呼ばれる脳の変化が、アスペルガーの場合は起きづらいためと言われています。

刈り込みは、シナプスをさらに効率的なものに変える行為のことです。

刈り込みが行われている人物は視野が広く、また、精神的にも段々と良い成長を果たせるとされています。

 

しかし、アスペルガーの場合は刈り込みが少なく、また、独特な考え方を捨てられないまま成長することが多いため、1つのことに固執してしまうアスペルガーが多いとされているのです。

アスペルガー以外では、自閉症の子どもにも同じような問題が確認されており、こちらも、刈り込みが少ないだけでなく、独特な考え方を持っていることが多いとされています。


スポンサーリンク

 - アスペルガーの特徴 , , , ,

  関連記事