アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

自閉症ができる仕事とは?仕事内容と教え方について

      2016/11/24

work-boots-889816_960_720

自閉症の人は、こだわり行動が原因で新しい事に中々対応できないという特徴がありますが、その特徴を存分に生かして、向いている職業もあります。

その人のこだわりの特徴を活かし、専門職につき、普通の人ではできないような細かく、技術が要求される仕事をしている自閉症の友達もいます。

そんな職につければ、逆に高収入を得ることも可能です。

今回は自閉症に向いている仕事にはどんな職業があるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

自閉症の人に向いている職業

自閉症の人が向いている職業は、突発的な事を処理していくというよりも、毎日決まった流で作業できる仕事と言われています。

決まった行動を好むのが特徴ともいえるので、工場での流れ作業や倉庫内作業なども向いています。

 

機械の部品の組み立てなど、細かい事をもくもくとこなすのも得意な人もいるので、自分の興味のある仕事に就くことがお勧めです。

また、プログラマーや学者など、自分の興味のある物への集中力はすごいので、何に興味を持つかをしっかり見極めて職業探しを行う事が大切です。

 

自閉症は自分に合った仕事を探す事が重要

自閉症の人が、自分の興味のある仕事につく事で得られるメリットはたくさんあります。

自分も、決まった行動をすればいいので、朝起きて仕事に行くまで、

職場について作業をして自宅に帰るという流れが決まると、本人も安心して仕事に打ち込む事ができます。

 

また、ルーティーン化すると、とにかくすごい集中力で仕事をするので、仕事が丁寧で細かく、しかも早く作業をこなすというメリットがあります。

職場で安全に安心して働くためには、自閉症という障害に理解を持ってもらう事も大切なので、

軽い自閉症など一見わからない人も隠さずに、しっかりと周りに伝えてサポートしてもらう事も大切です。

スポンサーリンク

自分の適性を見極めるためにも色々チャレンジを!

海外では、ソフトウェアの開発に自閉症の人を派遣する専門の会社があり、能力の高い人材を派遣してくれると評判になっているケースもあります。

適職につけると、驚くほどの才能を発揮する人も多いので、自分の適性をしっかり見極めてもらい、

好条件の仕事につく事ができるので、色々チャレンジしてみて、自分の適職を探す事が大切です。

 

自閉症の人への教え方

自閉症の人が会社へ入社してきた場合の教え方も重要です。わかりづらい言葉で伝えてしまうと、まったく内容が伝わらない事があります。

ゆっくり短めに話をしてあげるようにしましょう。

 

自閉症は想像力の障害も抱えているため、言葉通りの意味を取ってしまいます。

比喩などがうまく伝わらないので、余計な言葉は挟まずにやる事だけを的確に短めに伝えることが大切です。

また、とにかく予測できない事が苦手なため、何かいつもと違うことが起こるとパニックを起こしてしまう事があります。

 

そのため、翌日、違う内容をやってほしいなど内容が変わる時には、前日にしっかりと伝えてあげるなどの工夫をするようにしましょう。

自閉症の人でも普通に社会に出て働いています。しかし、できる事とできない事、苦手な事があるため、周りが理解を示し、しっかりとサポートしてあげる事が必要です。


スポンサーリンク

 - 自閉症

  関連記事