アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

あの偉人も実は自閉症!自閉症を天才にする育て方

      2016/12/20

blue-69762_960_720

自閉症の事を調べていると、自閉症には天才が多いなどの言葉を良く耳にします。

実際に偉人と呼ばれる人には自閉症などの発達障害の疑いがある人が多いのは確かですが、自閉症なら勝手に天才に育つというわけではありません。

 

自閉症の事を良く理解して、個性や才能を見抜いて、育てていく事が必要と言われています。

今回は天才と呼ばれ、じつは自閉症だった偉人はいるのか?自閉症を天才に育てるにはどうすればいいのかをご紹介します。

スポンサーリンク

自閉症が天才になる理由

自閉症だったのでは?と言われている天才の一人に、アルバート・アイシュタインがいます。

彼は自閉症の典型的な症状で、言語の発達が遅れていて3才まで言葉を発しなかったという話は有名です。

 

今だからわかる自閉症の特徴

アイシュタインは学校でもいわゆる劣等生と呼ばれ、真面目に勉強している事がなく、全くないと言っていいほど

、歴史や語学には興味を示さず自分の興味のある自然科学にのみ強い興味を示していたといいます。

これらの事を見てみても、アイシュタインの成長過程そのものが、典型的な自閉症に見られる症状といえます。

 

自閉症を天才に育てるには理解者が必須

自閉症は天才が多いという話を聞くと、現在自閉症のお子さんを抱えている親にとっては、自閉症を天才にするにはどうすればいいのかという疑問がわきます。

自閉症なら誰でも天才になるという訳ではなく、アイシュタインをはじめ、多くの偉人たちが突出した才能を持っていた事は確かですが、

周りがその才能をみつけて、見守りっていた大人が周りにいたという事が一番大きなポイントとなっています。

スポンサーリンク

すべての自閉症に天才がいるわけではない

自閉症には天才が多く、関わり方で自閉症を天才に育てる事ができるなら、どうにかして天才に育てたいと考えてしまいますが、

全員が天才というわけではないという事を理解しておく事が大切です。

自閉症の人は、特にひとつの事にこだわって、周りが驚くほどの集中力で取り組んだりする事があります。

この興味やこだわりが突出して強く、更にそこに才能が合わさると、いわゆる天才と呼ばれるほどの才能を開花させる事もあります。

 

1つの事をクリアできるように見守る過程が大切

天才と呼ばれる事が出来なかったとしても、自閉症の事を理解して行動や言動を温かく見守ることは大切な事です。

自閉症の子の持つ才能を育んであげる事は、その子のよき理解者として安心感を与える事につながります。

 

今までできなかった事がひとつずつできるようになるだけでも、いわゆる天才と同じくらいの成果が出ていると言えます。

そう考えると、自閉症の子は全員が天才と行っても過言ではないといえます。

そのこの興味を持っている事に一緒に共感して、根気強く付き合う事が自閉症を天才へと導く第一歩と言えるのかもしれません。


スポンサーリンク

 - 自閉症 , , , ,

  関連記事