アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

突然起こる自閉症のパニックと対策と予防策

      2017/01/18

dinosaur-1564323_960_720

自閉症の家族を抱えていると、皆経験する事のひとつとして、パニックへの対処です。

うちの自閉症の弟もときたまパニックを起こしますが、年々、体が大きくなるにつれて、自分と父親の二人で取り押さえなければというくらい、力が増しています。

パニックの回数自体は減っていますが、これからどう対処していくかは課題です。

今回は自閉症のパニック問題について、対策や予防法をご紹介します。

スポンサーリンク

自閉症のパニックの家族はどうする?

特に、小さな頃は、兄弟が自閉症などの場合、パニックを目の当たりにする事があります。

驚きというよりも、時には恐怖を感じた事があるという人も多いのではないでしょうか。

 

自閉症を抱えている人にとって、突然起こるパニックは、本人にとっても、周りにとっても、かなり危険を伴う場合もあります。

自閉症の家族を抱えていて、パニックに対する対応で困っている人も多く、ひとぞれぞれの対象法を見つけている場合もあります。

 

自閉症のパニックの原因は?

一言で、自閉症といっても、それぞれの個性があるため、何に対して、また、どういう状況でパニックを起こすという事は、皆同じではありません。

そのため、パニックに対して恐怖を感じるのではなく、静かに見守って、パニックが起こった状況などを冷静に分析する事も大切です。

特に、自閉症を持つ家族の人の意見で多かった、パニックに対する対処法として、安全を確保しつつ納まるのをも守るという意見が多く出ています。

 

パニック部屋を設ける

うちでは自閉症の弟がパニックを起こしたら、弟の部屋へ閉じ込めることにしています。

カギをかけて中から開けられないようにして、パニックが収まるのをひたすら待ちます。

もちろん凶器になりそうな物や、危ない物は普段から置かないようにしています。

スポンサーリンク

危険から守る事が重要

実際に、パニックを起こしている時に、無理に押さえつけたりすると、本人も家族も怪我をしてしまう場合があります。

また、近くに危険なものがあると、倒れてきたり、割れるなどで怪我を負ってしまうケースもあるため、

家庭内にはなるべく怪我をしそうなものは置かないなど、日ごろから気にかけておくことも大切です。

 

何度も経験する事で予防策がでて来る

静かに見守るには、時間が長すぎると思うひとも多いと思います。

実際にパニックを起こしているときに、何か対策をしようとしても、逆効果になる事が多く、納まるのを待つのが、一番の方法という場合が多くなっています。

何度か経験して行くうちに、パニックになってしまうパターンのようなものがわかるようになってきます。

 

そうなると事前に予測をしてパニック防止につなげる事ができるようになります。

自閉症を抱えている本人も何が原因でパニックになるのかわからないのが現実です。

まわりの家族がしっかりと見守りサポートしてあげる事が、本人もまた家族にも安心をもたらす事ができるといえます。


スポンサーリンク

 - 自閉症 , , , , ,

  関連記事