アスペルガーライフ

アスペルガーでも楽しく生きてく!をモットーに、アスペに役に立つ知恵や日々のこと、困ったことなどを発信しているサイトです。

*

自閉症は完全に治せるのか?世界での完治したケースと現実的な考え

      2017/02/06

hands-600497_960_720

自閉症の家族と共にいると、気になるのが、その治療法の進み具合といえます。

現在、自閉症の治療方法はどの程度まで進んできているのでしょうか。

弟の自閉症はいつか治ると信じて、世界ではどのような治療ケースがあるのか。

完治したケースはあるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

自閉症の症状が消滅したケース

実際に今の段階では、自閉症が完全に治る治療法というのは確率されていません。

世界的な例をみると、自閉症が消滅したというケースがあるため、治らない障害ではないという点も自閉症を抱える家族にとっては希望となる話といえます。

 

自閉症の症状が消滅したとう報告は、アメリカの大学のデータで明らかになっています。

実際に5才前後で自閉症と診断された、8歳~21歳のデータをとったところ、

自閉症が消滅した人は、コミュニケーション、対人関係、こだわり行動などの、自閉症の特徴である3つの行動がきちんと消滅していたと報告されています。

 

データ的には25パーセント

この報告では、自閉症が消える確率は、全体の25パーセント未満と伝えられていますが、

消滅した治療法というのは、行動療法に効果があったのではといわれています。

まだ詳しい結果は、報告されていませんが、世界の例でみると、自閉症が消滅したとう報告はあるため、絶対に治らない障害ではないといえます。

 

しかし、実際にはどの治療が効果的で、自閉症の症状が消えたかというのが判明していないため、

自閉症の症状が消滅した後も、自閉症の症状を和らげるための、行動療法は続けていると言われています。

行動療法を辞めた事で、自閉症の症状がまた現れるという事は、今のところ出ていないようですが、

でないという保障もないため、治療は続けられているといいます。

スポンサーリンク

まだまだ確定しない治療法

これらの結果をみても、まだまだ、自閉症の治療は研究段階である事がわかります。

自閉症の原因自体が医学的に断定されているわけではないので、これも研究が進まないという理由の一つともいえます。

 

原因解明も急務

自閉症は、遺伝的な面があるのではという考え方が今は主流になりつつありますが、

これも、医学的には確認されているわけではなく、データをもとに予想されているにすぎません。

そう考えると、自閉症の原因や治療法を早期に発見できる事を願う事も確かですが、

今できる、自閉症の最新の治療や療育をしっかりと行って、将来社会生活が不安なくできるように育てていく事が大切という事がわかります。

 

また、アメリカの研究でも言われているように、自閉症は早期の発見と早期の療育が大切という点は、

世界で共通した認識ともいえるため、少しでも行動に不安がある場合は、早めに専門家に相談して、療育を開始する事が大切です。


スポンサーリンク

 - 自閉症 , , , , ,

  関連記事